フラワー電報利用法

結婚式やお祝い事、逆にお葬式や法事などには電報は欠かせません。以前はせいぜい押し花電報程度で、もらった方も特に強く感じるものはありませんでした。しかし今ではフラワー電報が大人気。花束+電報や、鉢植え+電報、それにアレンジフラワー+電報、ブリザードフラワー+電報、ボックスフラワー+電報な、いろいろなタイプがあります。またNTTでもいろいろなフラワー電報を扱っていますが、それぞれのお花屋さんやフラワーアレンジ業者など、いろいろなところでフラワー電報を扱っています。NTTの場合は電報代とフラワー代、それに手数料や送料がプラスされますが、業者の場合は電報と言ってもメッセージとなります。

フラワー電報は花を添えた電報やメッセージのことですが、例えば今までお葬式などの場合、お花屋さんにスタンド花を頼んだりし、その他に電報を送っていたと思います。それが1回でできてしまうのがフラワー電報。そして電報を送るときにちょっと気持ちをプラスするというイメージで、小さな花束を一緒に添えることもできるのです。電報にするならNTTからがおすすめです。

例えば結婚式などには、大きな花束と電報も素敵です。開店祝いなら胡蝶蘭の鉢植えに電報でもOK。母の日ならカーネーションの花束と電報がいいかも知れません。またお誕生日にはボックスフラワーなども、もらった方はとっても嬉しいかもしれません。引っ越し祝いなどには素敵なアレンジフラワーやブリザードフラワーもおすすめ。このようにフラワー電報はいろいろな使い方があるのです。