フラワー電報の魅力

フラワー電報の魅力はやっぱり味気ない電報ではなく、心を伝えることのできるお花がプラスされているということです。今までおめでたい事でも、お悔やみでも電報を利用したことはあると思います。そして逆にもらったこともあるはず。もちろんおめでとうやお悔やみの言葉1つでも、もらう方は感動することもあります。でも、やっぱりそこにお花がプラスされることで本当に気持ちが伝わります。

送る方もお花屋さんでお花を送り、別に電報を送るという二重手間もいりません。また普通なら電報だけを送る場合でも、ちょっとだけ予算をプラスすることで、相手により鮮明に気持ちが伝わるのです。例えばお悔やみの場合でも、花輪やスタンド花を送るような関係でない場合は、電報だけ送っていたのではないでしょうか。しかしちょっとだけ小さなアレンジフラワーやボックスフラワーを添えることができれば、悲しみに少しだけ寄り添えます。逆に嬉しいときにも、喜びを倍増してもらえるはずです。

このようにどんなときでも、より気持ちを伝えることができるため、今多くの人が利用しています。フラワー電報というと、押し花電報などと誤解している人がいますが、いろいろなお花と電報の合体と考えましょう。そして送る側にとっては便利であり、より気持ちが伝えやすいという2つの魅力があるのです。またNTT以外の場合は、電報と言ってもメッセージになりますが、今はメッセージでも電報の代わりとしても問題ありません。

 

こんなときに送りたい

心も一緒に伝えることのできるフラワー電報ですが、どのようなときに利用すると良いのでしょう。本当に利用価値がとても多いフラワー電報。例えば出産祝いもおすすめです。病院に電報を入れて良い場合は病院に送ってもいいですね。ただし病院に送るときには、場所を取らないように小さめのアレンジフラワーやボックスフラワーがおすすめ。

また結婚式場などに送る場合のお祝いフラワー電報なら、思いっきり大きな花束や大きめのアレンジフラワーもいいのではないでしょうか。式場や受付のテーブル、司会者のマイク横などにも置けることも。また新築祝いなどのときには、ブリザードフラワーもおすすめですが、ブリザードフラワーは置物の1つです。相手の趣味を分かっている関係でないときには、アレンジフラワーや胡蝶蘭などの鉢植えの方がおすすめです。

そしてお悔やみのときには、スタンドフラワーもおすすめ。また気持ちを伝える可愛いフラワー電報なら小さなボックスフラワーなども人気があります。お悔やみの場合はどうしても白や紫などが中心のものになります。もし個人の好きだった花を入れたいなら、花の種類などオーダーできるタイプのフラワー電報がおすすめです。このようにどんなタイミングでも、フラワー電報はぴったりです。